kurakurakimari

きまってません

帰り道の話

今日は卒論テーマの発表だった

先行研究に思い切りケチをつける性格の悪いレジュメで

こんなレジュメじゃ先生に「あなたねテクスト研究をなさいっていつも言ってるわよね?」(ぼくの先生は本当にこういう喋り方の素敵なマダムなのだ)って言われるなあって半ば震えながらいたけど、意外と認められてよかったなあ

発言してくれたの恋人しかいなかったしなんて言ってるかよくわかんなくて「……え?」って言っちゃったけど(ウケた)

 

いくつかネタをブログの下書きに入れとこうと思ったのに忘れたかも

 

 

 

ていうわけで肩の荷が降りた気がして、頭痛くてこんな時間まで夕寝してしまったけど卒論書かないと

 

 

今日帰り道にお寿司を買った

ショーケースにおすしが入ってお店の入口に出てるのを、ショーケースにひっついて見てたら気がついたらJKの店員さんが私の横にいて

かわいい犬みたいなキラキラした目で私を見た

700円くらいの8貫入りのを買った

 

恋人に自慢したけど、彼が今日先輩からお寿司に誘われてでもバイトで行けないから断らざるを得なかったの忘れてて

めっちゃいいなーって言われた

でも今日頑張ったもんねっていわれて

なんで私夕飯のメニューをこの人に慮らないといけないんだ!!と

 

電車の中であの花のエンディングを聞いてたらボロボロ泣いてしまった

そのあとジムノペディも聞いた

 

 

自転車に乗ってたら、3歳くらいかな?の男の子が前を補助輪付きの自転車で走ってるのが見えた

お母さんも近くで立ち話してる

ぶつからないようにしないと、と思ったけど避けた先に男の子曲がってきて

ゆっくり走ってた私の足のところに激突

 

やベーやべーと思って咄嗟にお母さんの方見たら

お母さんダって走ってきて

ごめんなさいうちの子が!!って

いやいやすみません、男の子にごめんねって言ったら

男の子は何が起こったかわかってない様子だった

お母さんパニックになって

「〇〇くん!!大変なんだよお姉さん怪我したら!!大事なお姉さんが怪我しなくてよかったよ!!!」

って言ってた

なんだそりゃ

 

男の子に何回かごめんねって言ってその場を離れた

 

 

空がきれいで、6時過ぎてもこの季節は暮れてない

祝福されてるみたいに金色の光が満ちているほうと、昼を引きずった青っぽい雲のある空にわかれてて

太陽はオレンジ色に加熱されてて

私はその方向に向かって走った

まぶしくて方向を少し変えた

 

 f:id:kurakurakimari:20170706231444j:image

 

なんか今日の夕暮れは特別に見えて

すごくきれいで

なのに私は誰ともいなくて

誰ともこの気持ちを共有できなくて

君ならわかってくれるのにと思うとちょっとさみしかった

 

 

寄り道してかえろうとしたら

目の先に雨が降ってるのが見えた

私の上には降ってないのに

進んだらやっぱり雨

私いま夕立の境にいる!と興奮してツイート

 

自転車の人は濡れないように手でひさしをつくって家路を急いでた

おじさんは、降り出したねえとばかりにこっちを見てた

ベビーカーの若夫婦は困ったように陸橋の下で雨やどり

 

降りだした夕立に走り出す

あの曲を思い出して、鬼は迫り来る時間の流れってほんとそう、逃げなきゃ、

 

みんな急いで帰ってた

ペットを散歩させてた夫婦も

誰かが待ってる家に帰ってた

 

家に着いたら、家の前で写真を撮った

部屋にはあたりまえだけど誰もいなくて

部屋の中を照らす夕射しがきれいだったから

しばらく電気つけずにその中で本を読んでた

 

 

限られた時間の中で楽しまなきゃ

今年は今までできっと一番楽しい夏になる

 

 

って思った。

i

夏の夜の池袋駅は、

むっとしていて、たくさんのもののにおいがして

それでいて心地よい。

 

南国の熱帯魚みたいなドレスをつけた女は歩き、

男たちは酔っている。

東上線の改札にはゲロが落ちている。

笑い声はプールみたいにひびいて、

この時間に出かける人は、きっと誰かにあいに行くんだろうな。

 

干渉し合わない他人がたくさんいる場所はふしぎに落ち着く。

 

この中で誰よりも不可解な存在でありたい。

もしも魔法がつかえたら

もしも魔法がつかえたら。

わたしはなにをするだろう?

 

魔法ってそもそもなんなのでしょう。

日本に魔法の概念が伝わったのは、いつのことなんだろう。

 

現代にも多くの「魔法」が出てくる人気のお話がありますね。

一番はじめに思いつくのはハリーポッターシリーズだけど、日本産の著名な魔法モノといったらなんでしょう。魔女っ子メグ?魔法使いサリー?古いな。

プリキュアもあれ魔法かー。あんまり国民的ブームになったような国内の作品で魔法モノって思いつかないですね。

 

魔法って何なのかはわかんないけど、「なんでも叶えることができる力」がもし使えるようになったらどんなことをするかなあ。

悪いことに使うかもしれない

いくつか思いついたことは……好きな食べ物をいっぱい出したりしたいかも

体の若さを取り戻したいのもあるな(肌とかよりも内臓。お酒とかごはんがガンガン入った頃に戻りたい)

 

不老不死にはなりたくないですね、それよりは周りの人がいなくならないか、周りの人が死ぬ時に一緒に死にたい。孤独でずっと生きられるほど強くない

 

 

 

 

 

 

今週のお題となっていたテーマで少し書いてみました

とことんどうでもいいなー

この先ネタ切れしても、お題で書くのできないかも

 

 

飛行機に乗る機会がぐんと増えたんですけど、搭乗に際して失敗することもぐんと多くなって己の発達障害っぽさを感じるばかりの日々です

これが病気だったらまだマシ、ただのマヌケだったら目も当てられない

ミスをする度に自己肯定感が減っていきます

 

次は絶対にきちんと乗りたいぞ……

 

 

f:id:kurakurakimari:20170629233809j:image

 

 

なんか人生って とほうもないっすね

怠惰で正しい日曜日のはなし

今日わたくしはとても素晴らしい休日を過ごした。

あまりに完成された一日だったので、以下にそれを書き記していきたいと思う。

尚、読者諸兄に際しては、「なんもしてねえじゃねえか」「ゴミかよ」等のツッコミが山積されることと存じますが、その指摘はあたりません。

ではいくゾ。

 

 

まず起床は11時過ぎ。9時からタイマーでセットしておいた冷房が少し寒くて、体に毛布を巻きつけて目を覚ます。あわててリモコンでとめる。

普通の人ならここで「うわぁ……やらかした……こんな時間まで寝ちゃったよ〜」となるところでしょうが、わたくしにしては早起きです。しかも「午前中に起きた」というところで自尊心?みたいなものも保たれる。

今日は着払いで荷物が届くから、お金を下ろしに行かないといけない。

 

近くのコンビニに行きました。

今住んでいるところは徒歩1分圏内のところにコンビニが3軒もあるからとても便利。

コンビニでお金を下ろして、あとメルカリで購入したオノダミキさんの短歌パンツのお金を払い、食べ物を買って(だいたい1500円くらい。コンビニで1000円以上使うバカ、私です しかしそのスタイルはやめません)

寝ぼせぐさぐさの頭を通りすがる人にぎょっとした目で見られながら帰ります。雑誌も買えばよかったかな。

 

ここで、Twitterに「めずらしく月末までお金が残ってるのに使い切らなきゃとばかりに無駄遣いしてしまった」といったようなことをツイートします。

コンビニで1000円以上使うバカは私です。

 

 

帰ってきたところで、生春巻きを少し食べて昼間のテレビの再放送をつけます。嵐二宮の番組に椎木里佳が出てるのを見てうげーとなる。

「かわいいから」、嫌いです。

恋人に「生春巻きくらい好きだよ!」とおくる。

「は?」と返ってくる。

 

この頃着払いの荷物が届きました。

買ったのは、レディースのレインポンチョです。グリーンと紺のチェックのもの。

買ってから気づく、私この柄好きだな……いつもこんなの買ってるよ、と。

Amazonで買ったのですが、サイズが書いてなくて 口コミ形式で「ちょうどいい」と答えた人が17人ですと書いており、内訳を見てみると「小さすぎる」と答えた人がひとりいたので、大きな人がカッパを着てつんつるてんになって怒っているところを想像して少し笑いました。

すぐに開けて試着してみたけど、私は18人目になれました。よかったね。

鏡に映った自分を見て、なんかあしふとくない?と思う。

 

そのあとバイトに行く恋人と少し電話をしました。六月祭用の絵は書き終わった?と聞くと「なんとかなるでしょ」とのことです。

いつもギリギリの男です。

 

そのあと、、、何をしてたんだっけ。

Twitter見たり、本読んだりして、あんまり覚えてない。デレステしたり

もう1件頼んでおいた荷物が来ないなーと少し気を揉みながら

気がついたら寝ていました。

 

母親からの電話で目を覚まして、荷物の配送状況を問い合せたらもう届いてると書いてあったので何も持たずに外に出ました。

わたしの部屋は東向きで高い階なので、家に入る時は真後ろにきれいな夕焼けが、朝はおおきな窓のカーテンを少しだけ開けておけばするどい光の美しい朝焼けを見ることができます。寝坊もののわたしはこの部屋で朝日というものの美しさを知った。その話はべつですが。

部屋を出たところから、とおりすぎた曇り空の中に溢れるように燃えている夕日が見えて、とてもきれいだから少し下を歩いて見てこようと思いました。エレベーターで一階までおりてポストから荷物を受け取って、徘徊老人のようによろよろと外に出て、大きな道路の方にいくと地上からはあまりきれいに夕焼けは見えないのでした。

わたしはやっぱり部屋の前から見よう、近くに住んでるロシア人に「夕焼けきれいだから見てごらん」と教えてあげよう、と思いながら、

昨日死にかけて黄色い胆汁を吐いていた隣の犬の健康を確認してから部屋に戻ります。

エレベーターの中で、今日の1日をブログに書こうと決めました。

 

部屋の前に戻ったら、もうさっきのようなきれいな夕焼けはなくなっていたのでした。

わたしは少し残念に思いながら部屋に入ると、ベッドに座ってブログを書き始めました。

 

 

わたしの素敵な休日はもう少しだけ続く。

うでがいたい

 

ずっと人を探してる夢を見ました

今はもう会うことのないあの人に

会いたい会いたい一目でいいから見たいと思って

夢の中のわたしはずいぶん懸命に

しかし近くにいる人に探していることを悟られないように、探してました

 

別に会いたくないと思ってたのに複雑な気持ちだ。

汚名返上

三日坊主の名を欲しいままにする女、私です。

細かい日本語のミスが気になってしまう女、私です。

そういう人を文法ファシストと呼ぶらしい。ファッショ結構。日本語が使えねーやつは日本語を使うな(暴論)。

 

冗談でございます。

 

 

とりあえず何か書いておくかの精神で書き始めました。

主張したいこととかないです。今日。

昨日もなかったです。だから書きませんでした。( ´ ▽ ` )ハハ

 

ローソンの、ドライフルーツとアーモンドを入れて食べるヨーグルトがおいしいです。

みんなたべてください。

 

えーっと

帰ってきたヒトラーは面白かったなあ

まずあの主演の俳優さん、体が大きくていいし、オーラがあって、そして声もいい

いいですよね〜

集中力が全然持続しないからだれるシーンがある映画って途中できょうみがつづかなくなってしまうんだけど(注 変換ミスって全部ひらがなになったのであえて直さずいきます)

この映画はそんなシーンがなかったなあ

結構胸糞エンドで、最後いい感じに「考えさせられる 〜」って感じの終わり方だけど

みんなみてください。

 

伊豆の天城に行きたい

去年の9月に合宿で行ったんですが、大雨でなんにも観光できなくてですねー

今日NHKの番組で天城隧道とか出てて、んー行きたいなあと思いました

なんせ暇はあるが金がない。はたらいてないから

天城行って〜天城トンネル行って浄蓮の滝みて〜バスで下まで降りて〜適当な旅館に泊まりたい〜

恋人と行きたいです

 

 

世の中いろんなことがあるけど、人間みんな生きてたらいろいろあって

それぞれの苦しみや喜びの中で 何かを得たようなつもりになりながら 死んでいくんだなあと思うと

その旅を共にしているみなさんへの愛がつのります

がんばろうと思えます(うそです) なまけたい

そこまで大変じゃないんですよ人生。みんな大変だから大丈夫。

別に誰かに言い聞かせているわけではない、自分に言い聞かせている。

人生大変じゃないから、もう少しがんばろう?私。

 

 

 

えーとなんだろうなあ

きれいなものが見たいなあ

綺麗なものが見たい欲は

満たしても満たしてもまた現れますね

この間ミュシャ展に行ったんですけど、かなりエーテルが満たされたなって思ったんですけど、もう早くもです

次はなんか自然物いきたいですね

七夕近いし天の川でも見に行けたらなあ。昔から目が悪いから星の名所でうまれそだったけれども天の川視認できたことがありません

聞いて、私の好きな人って七夕生まれなんですよ

ラブリーでしょう

 

旧暦の呼び名って、むきやうさみ ふはなかしし

の頭文字で始まるやつが一般的だと思うんですが、実はいろんな呼び方があって

一種類覚えてるだけでどや顔できる

ものじゃないそうです

七月のことを文月って呼ぶの好きなんだよね、なんかいいじゃん。

 

 

 

 

はてなのアプリなんか字が打ちにくい

 

 

 

夏を待ちわびた女