kurakurakimari

きまってません

他人のつらさが可視化されることに意味あるのか

こんばんは。

今はじめてPCからっログインしてこの記事を書いているのですが、死ほども使いこなせてなくて涙が出そうです。デザインすら変えられねえ。まったくなさけねえ。

今回はPC更新ということr¥でグルーヴ感を重視するためにあえてミスタイプはそのままにしていく試みでいってみましょう。

 

まずは近況を報告です。

先日やっと卒業論文を提出することd¥ができました。今までの人生で一番ちゃんと頑張った行為だったかもしれない。それでも他の人よりはがんばれていないような気もするのですけど。

提出するまでほんとチキンレースかしててまじでつらかったから、阿割ったとたん日付とかがどうでもよくなっちゃって日々がとろとろと溶けて行ってまs。

深夜のお笑い番組をただ受信してb¥人間みたいな形を保っているだけのものです。けしょうも、してないし。

 

研究対象のことがほんとに好きだなえと思いました。調べることをするごとにああ、だからこの人はこのようなしょすえつを書くことができたのだあな、と思うことがあって、研究するまでは仕組みが分かっていなかったことも意図がほんのりわkるような気がしたりなんかして、よけいに面白いなあって思えん¥真下。

だいぶ誤字がい¥酷くなってきたので、これより先は修正したものをお届けいたします。

 

口頭試問があることと、補足?みたいなものの提出(私だけが義務付けられたものではありません)があることがちょっと不安なんですけど、まあがんばります。

 

 f:id:kurakurakimari:20171221223103g:image

 

 

 

 

 

年が過ぎてゆきますね。

その研究した作家の小説で「つごもり」という言葉を知って、すてきだなあと思ったのでした。ただ年末というのではなくつごもり、巣ごもりっぽくて口に出したくなる音ではありませんか。

年の瀬というのはひとびとがさまざまにそれを越えるための準備をして、他の国では十二月がすべてお祝いにつかわれたりはたまた年末のみを祝ったり、時期が違ったり、いろんな冬があることをわたしは知っているのですが、

好物のえびを食べながら紅白歌合戦の出場順についてきみとLINEしあうこの冬が、わたしにとっては至高のような気がしたり、またはまったくもってそうではなかったりもします。

 

 

もっとちゃんとしたブログを書こうと思っていたのにあとであとでと伸ばしているうちにまたこれだ。わたしのやる気は空気に溶けやすく、いつのまにか夜寝坊のエアコンの風と同化していくばかりなのでしたあ。

 

パソコン更新は楽しいなあ。:))←にじゅうあご

間違えて下書きに一度入れてしまった。

もはや月一更新どころの騒ぎではない。

この間誰かに「日記じゃなくて月記ダネ」と言われてしまったきがする。言われてないかも。妄想かもしれない。

ハードディスクの作りがあまいからよく自分が言ったことも他人に言われたこともわからなくなって何度も同じこと言って/聞いてしまう

 

 

どうぶつの森……リリースされましたねぇ〜

みんなやってる

Twitterにいる人みんなやってる。軒並み

私も例に漏れないがなっ!

 

f:id:kurakurakimari:20171123231123p:image

 

加工しないで名前を出してごめんね。

処理するのが面倒くさい。

 

 

GC版をやった記憶が一番深いんだけど、あの頃のゲームなんか自由度とかたかが知れてたはずなのに、何回話しかけても時間帯によっては無難な答えしか返してくれないiOSの中のアポロ(タカ?ワシ?)より、しつこく話しかけたらしばらく熱い湯気が出るくらいキレてあの頃のアナタの方が恋しく思えるわ。

 

食べ物系のグッズあるなら食べるモーションつけてほしい……

住人達がバーベキューしてるのはちょっと闇が深いが……(共食い的な意味で)

 

 

ソシャゲ忙しいので今日はここらへんでー。(あえて卒論とは言わない)

妄想の中でも大事にしてたら本当に大切なんだと思う

tommyのTwitterみたいになってきた

 

あなたは気が狂うほど悲しいことがあっても

今日もそうやってがんばっていたんですね

すてきです

 

 

めっちゃ久しぶりのブログ

書かなきゃいけないものがあると他のものを書く余裕がなくなるところに、書く情熱の生半可さを感じて嫌になるわ

ショートパンツを干す時に型崩れを気にしてられない雑な自分もいや。

 

 

今洗濯物を干してます。

電子レンジの中には肉まんが入ってます。

 

 

ただ思ったことを2000字ぶん書くときと、決められたことについておなじだけ述べるときの時間の流れ方は全く違う。

ソータイセーリロンか?

徒然なることばかりなんぼも書いて100年もビジネス成立するってすごいことよ。

 

 

最近観た映画

・ザ・ボーイ〜人形少年の家

・サイレンス

永遠のこどもたち

・スイス・アーミー・マン

・ザ・ギフト

 

ビッグマウスっていうアニメも見た。Netflixでね。

 

 

やっぱり洗濯物干すとか、皿洗うとか単純な作業してる時は色々くだらないこと思いつく。

おもしろいな。

 

ちゃんと7時間くらい寝てちゃんとビタミンのあるものとると体はすぐ元気になるところにまだ若さを感じてうれしかった。

健康はいつも損なわれかけてからその大事さに気づく。

 

フードコートの肉丼にむらがる女子高生を見て、私も高校生の頃は丸亀製麺並かけに海老天ちくわ天かしわ天・稲荷寿司いっこ食べてたのになーって思った(食い意地はりすぎだ)

 

 

 

自宅で歌を口ずさんで「なかなか上手いんじゃない!?」って思ってる時がいちばん自己肯定感強いんじゃないか。

 

一旦終了

 

中秋の名月

日頃そんなに雅な生き方をしてるとは言えないが、月をながめるのは好きで、今日もなんだか月があかるいなー?と思っていたら母方の祖母から「お月見してるから、あんたも手を合わせるといいよ」と電話が来た。

月がきれいなことも、月がきれいだということを伝えてくれる人がいるということも、同じくらい素敵なことです。

 

月が出ると決まってバカみたいに夏目漱石の名を出すアレが嫌いだ。

夏目漱石が実際そう言ったってデータはどこにもないのに創作逸話が一人歩きして、それで飯を食うような奴らがたくさんいるのが鬱陶しい。

そろそろ、「実際は言ってない」って話もメジャーになりつつあるかと思うんだけどもうこれは

 

 

 

途中まで書いててどうでもよくなっちゃった。

皆さん、良き夜を!

言語化しづらい感情を抱いて今日も生きてる

何を書こうと思ったんだったか忘れた。

もうこのブログつけている意味無いな。

いやないこたないけど。、書いたところでって感じはする。

 

恋人から「これ観たいんでしょう?出会う男すべて狂わせるガール」といわれて、

なんかこの人から「こいつはこういう人間だろう」と決めつけるようなことを言われるのはふしぎと心地いいな……と感じた。

 

 

最近気づいたこと、

自分の性自認が完全なヘテロではないのかなーということ。

同性と恋愛したことないからヘテロなんだと思ってたけど、男の人から"女の子"として扱われたいわけじゃないんだなって気づいた。

かわいいとは扱われたいんだけど。←めんどい

 

 

9月は好きな人の誕生日が多くて楽しいです

これといって祝ってないけど

 

ひるま、「いちめんのなのはな」って君が言うから

それなんて詩だっけ?ていうか誰の?と調べはじめて

いちめんのなのはなって名前じゃないの?いやいちめんのなのはなってタイトルだったらダサいでしょ、ああ純銀もざいく、

って見てたら山村暮鳥ってえらいかっこいい詩ばっかり書いてる。

卒論この人で書きたいと思ったレベルよ。(またそんな無責任なことばっかり言って)

 

 

巣鴨の蔦のラーメンが食べたいんですけどねえ、いつ行けば並んでないのかな

並んでない日なんかないのか?

近いのにセブンコラボのカップ麺買ってきちゃったよ手近に済ませようとして

 

 

そんなかんじー。

 

隅田川

 

 

都合の良いもんですね

人間の記憶に付加する過去の美化

 

きっとわたしが何も言わなくても気づかれているのかもしれません

 

 

今こんなにかなしいのは私のせい

エンジェルベイビー

峯田和伸を初めて見た。

 

8月11日・12日石狩でRSRに参加したんだけど

銀杏BOYZは2日めの深夜2時からのステージ

Suchmosが終わってから一時間半くらい待った。眠かったけど、ドキドキも大きかった

モッシュとかやばいんだろうなあって、周りにいる人がみんないかつく見えて怖かった

あと、お母さんいるけどMCで下ネタっぽいこと言ったりしないだろうか。という不安。

 

 

 

実際人が押し寄せて

初めは前の方にいたのに、曲が進むにつれてどんどん後ろに送られた

はじかれた

呆然とした。

ステージ向かって右端で、浮かんだ涙にライトを反射させてキラキラした視界の中で、じぶんがシャバくてライブでも馴染めないのかあとか、でも曲聞かずにただ押しあってるやつらにもなりたくない、ていうかああいうノリってドキュンのそれと本質的には変わらないよな、音楽聴いてるの?楽しいの?

って思ってたけど、

 

そんなんどうでもよくなった。

峯田の歌を聴いてたら、今自分の人生で一番好きであろうあの子のことが思い浮かんで、

思い浮かんで、思い浮かんで、

どうしようもなく幸せだと思った。

 

 

北海道の海のそばの、さえぎるものなにもない空の下でステージのでかいスピーカーの前にいるのに、

なぜか心だけは、自分の部屋の夜にいるようだった

心だけは、あの雑多なくせに何もないいつもの狭い場所で、

あなたを思いながら

 

 

何もかもが輝いて、手をふっていた

地面がやわらかくなって夢の中にいるように感じた

峯田はかみさまじゃなかったけど、ロックの神様がそこにいると思った

私の世界には

神様もいるし天使もいる。

 

恋人たちのことを、あの子のことを、うたうたびに

あの子のことを思い出して

その人の存在を通して余計にきれいに見える世界が愛おしかった

 

あの子は天使です。

 

去年の夏が去る頃に踏切を越えながら聴いていた銀杏BOYZとは違う銀杏BOYZが聞こえた

 

ミネタカズノブはやさしかった。